やりたいことリストを書こう! 手帳を買ったら書くべきこと

手帳
スポンサーリンク

手帳を買ったらぜひ取り入れてほしいのが、

やりたいことリスト(wish list)。

 

やりたいことや欲しいもの、叶えたい目標や夢を書き出します。目標は100個書き出すこと!

とはいっても、100個書き出すのはなかなか大変です。

やりたいなー、欲しいなー、お金があったらなー、

と思っていてもやりたいこと、手に入れたいものを具体的に言葉にするのは意外と大変。

みんななにを書いてるのかな?

わたしのwish listを公開!

みんはなにを書いている? そんな疑問にお答えするべく、わたしのwish listを公開します。

101B77A9-90E2-4FFC-98DE-9E167102C2FA

 

今使っている手帳は、NOLTYアクセスA5-4

そのノートページにほぼ日手帳のダウンロードシティで印刷したALL TO DO リストを自宅プリンターで印刷したものに記入してマスキングテープで貼り付けています。

A5サイズのカズンに使用するものですが、切って貼り付ける前提なのかサイズが小さめにできています。テープのりで貼り付けてもよかったのですが、貼った感が強くなりそうだったのでマステでつけました。

結果、おしゃれな感じに仕上がり大満足です!

 

100個まではありませんが、思いついたことを書いています。

少しずつアップデートして100個を目指すのがわたしのスタイル。

 

やりたいことリストを書くコツ

やりたいことリスト書いてみたよ! ってあなたも、100個までしぼりだすのはなかなか大変。

やりたいことリストを書くコツをはあるのかな?

はい、ありますよ!

とりあえずやりたいことを書き出す

とにかく、やりたいなー欲しいなー叶えたいなーということを書き出します。

コピー紙とかメモ書きでオッケー!

書いたら、そこからもうすこし広げていきます。

書いたことを具体的に、誰と叶えるかを書く

やりたいことを書き出したあとは、それをだれと叶えるのかを考えます。

 

例えば、「旅行にいく」であれば

「家族で〇〇に旅行に行く」

「親と温泉旅行に行く」

「友人とディズニーリゾートに宿泊」など

相手や場所を変えるだけで一つの願いが3つ、4つに増えます、

 

具体的に、誰と何をするかを考えてみましょう!

 

無謀な夢や願望も言葉にしてみる

たとえば、

収入が10倍にアップする

1億円を稼げるようになる

本を出版する

なんとなくこうなったらいいなーと思うことを書いてみます。wish listは誰に見せるわけではないのでなるべく大きな夢を書きましょう。

具体的な数字を入れる

いつまでに、どのくらい、といった具体的な期限や数字を入れるといいと言われています。

わたしの場合、数字を入れたからといってどんどん叶ったとかそういうのはなかったのですが…。汗

引き寄せの法則の本には、手帳に書けばどんな願いもみるみる叶うとか書いてありますが、わたしは自分の願いを叶えるのはそれなりの努力がいると身をもって感じています。手帳に書けば誰かが叶えてくれるとか、そんな便利な道具はドラえもんしか持ってませんからね。

ただ、手帳に書き出すときは「お金持ちになる」より「年収1億円になる」「貯蓄を1000万にする」「自家用車を外車に買い換える」などの方が具体的でわかりやすいため願いが叶ったかどうかの振り返りがしやすいです。

 

やりたいことリストを書いたらどうなるのか?

漠然と「お金持ちになりたい」ではなく、お金持ちになって「どうなりたいのか」を考えると自分の願望が言葉になりやすいです。

やりたいことリストを書いてみると、わたしってそんなふうに思っていたのか、本当は周りからこう見られたいのか、悩んでいたけど思っていたより大した悩みじゃないな、そんな発見もあります。

やりたいことリストを100個書き出すことで新しい自分を発見できるのです。

また、願いが明確になると行動を起こしやすくなります。行き先が決まっていれば、あとはそこをどうやって目指すかだけ考えればいいのです。

それが「書いたら叶う」理由です。

 

やりたいことリストを数えたら、1/3は叶えられてた!

わたしは手帳を使い始めてからやりたいことリストを書いています。約10年書き続けていますが、どのくらい叶ったか数えてみると1/3以上が叶っていたのです!

もちろん、大きな願いから小さな願いまでいろいろですが…。

3つに1つは叶うと思えば、一生懸命書こうという気持ちになりませんか?

 

最近では、子供とのイベントをやりたいことリストに入れることが多いです。

息子とドラえもんの映画を観に行く

息子とお弁当を持ってピクニックに行く

子供が喜ぶ姿を想像するだけでホッコリしますよね。特に映画などは公開するとすぐに観に行けるのでやりたいことをすぐに叶える行動を取りやすいです。

このように自ら願いを叶える行動をとる癖がつけば、ほかの願いも叶いやすくなります。億劫だった、「庭の草むしりをしてスッキリ」みたいな願いも勢いでできてしまったり。

一つ叶うと次々に叶うというのは、勢いで行動ができるようになるという意味かもしれません。

 

わたしはやりたいことリストには家族への願いもよく書きます。例えば「父の体調が良くなる」です。

やりたいことリスト兼wish listなのでこういった感じになっています。

まあ、わたししか見ないのでなんと言われようがこれがわたしのやりたいことリストですけどね…。

 

やりたいことリストを書いてみよう!

やりたいことができるようになる習慣をつけるのに、やりたいことリストは最適なのかもしれません。

最初は20個くらいかければいい方です。

時間がなくてできない、お金があればあれをしたい、そんな風にいつも思っているはずなのになぜが書き出すとなると出てこない…。

それは自分の本当の気持ちが理解できてないからかもしれません。

でも安心してください。それはあなただけではなく、世の中のほとんどの人が自分というものを理解していません。

手帳を活用して時間の管理をすると共に、やりたいことリストを書き出して自分というものを見つめなおしてはいかがでしょうか。

きっと、今まで以上に自分に自信が持てるようになるでしょう。

 

まとめ

やりたいことリストを書くときは、誰とどこにいつどのようにというような5w1hを意識して書くとたくさん書きやすい。願いは自由。誰かの価値観なんて考えず、自分の自由に書いていい。具体的な数字が入るだけで願いがぐんと近くになる。書いたことの半分は叶うと考えてどんどん書いていきましょう! 具体的に書けば書くほど叶いやすくなる。

あたもぜひ、やりたいことリストを活用して自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました